公共情報センター・オフィシャルショップ「物語屋」のバナー

選挙へ行こう!

「選挙へ行こう!」のヴィジュアル・イメージ

 2009年8月30日、第45回衆議院議員選挙。

 願わくば少しでもいいから、前回よりも投票率が上がって欲しいものです。

 よく、投票を棄権する人がその理由として「政治なんて誰がやっても変わらない」という類の発言をしますが、本当にそうなのでしょうか。

 日本という国を動かしているのは「政治家であり官僚であり財界である。それにマスメディアが意識的にではないにせよ加担している」という見方をすることはできます。確かに一個人や小グループが、彼らに立ち向かっても、まったく歯が立ちません。

 でも私は、大衆が持つ力はそれほど弱くないと考えています。

 ひとりひとりでは非力ですが、何らかの理由によって大衆の力が結集するとき、その圧倒的なパワーの前では政治家も官僚も財界もマスメディアも、ひとたまりもありません。

 政治が悪い、官僚が悪い……。いくら文句を言っても、結局それをつくり出しているのは私たちひとりひとりの総意。ならば、私たちのやるべきことはただひとつ。しがらみやイメージなどといったつまらない理由ではなく、しっかりと働く議員を国会に送り、役立たずを落選させることです。

 さぁ、自らの意思で、選挙に行こう!

2009年
公共情報センター・オフィシャルショップ「物語屋」のバナー