“CSR”ではなく“SR”!

 最近、CSRという言葉をよく耳にします。CSRがCorporate Social Responsibilityの略語であり「企業の社会的責任」と翻訳されるということは、いまではかなり多くの人が知っていることと思います。調べてみたところ日本では、2003年頃から企業にCSRの専門部署が設置されはじめたようです。つまり「企業が社会の一員として、さまざまな形で社会的責任を果たす」ことを明確に意識しだしたのは、わりと最近のことに過ぎないわけです。

 以前から私は、企業が社会的責任を果たすことはいろいろな意味で重要だと考えていましたから、まだまだ取り組み方が物足りないという気はしますが、多くの企業が社会的責任を意識しはじめたという、その動き自体は歓迎しています。

 が、しかし・・・。

 自らも含め、猫も杓子もが「CSR、CSR」と言い募ることに、実は少しばかり違和感も感じています。
 具体的に言うと「社会的責任を負っているのは、何も企業だけではあるまい」ということです。私たちNPOにも果たさなければいけない「社会的責任」はあるし、もっと言えば私個人にもあります。みんながそれぞれの立場で果たすべき「社会的責任」をしっかりと意識すべきであり、「企業の社会的責任」にばかり厳しい目を注ぐのはアンフェアだと思うのです。

 そこでこの「SR Network Info!」では、企業とかNPOとか行政という枠組にとらわれず、「社会的責任」をしっかりと意識した活動に注目していくことにしました。そしてそれをできるだけ多くの人に知らせていこうというわけです。

 「CSR」から企業を示すCを取り「SR」とし、社会を構成する全員の社会的責任に注目していきます。「全員の社会的責任」というのは、文字通り社会を構成する全員のことです。私たちの社会に社会的責任を負わない者はひとりもいません。極端なことを言えば、赤ん坊さえも例外ではありません。

 赤ん坊の社会的責任???

 たとえばそれは、よく笑って、泣いて、食べて、飲んで、スクスクと育つことです。

 このように社会的責任の多くは、果さなかったからと言ってペナルティを科されるというものではありません。

 「自らが進んで意識する」ことからはじまります。

| 索引へ | 次へ |